2018年7月19日 (木)

はじめようドイツ語攻略

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。ではドイツ語ではアルバイトの意味の単語はあるのでしょうか、バイトに当たるドイツ語はありません。英語式にパートタイム・ジョブと呼んでいます。なんだかややこしいですね!ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単というつながりがあります。ドイツ語を話す地域はドイツ本家のほかに、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの一帯で話されています。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとか1FCケルン、シャルケ、ドルトムントなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語は英語よりも、日本語を使う私達には理解しやすい一面があります。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の仕組みに通ずるものがあり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語の学習を始めるには、中学校からの英語とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。ドイツ語が日本語と類似していると思う点は、それはドイツ語の語順の流動性が影響していると考えられます。

2018年6月23日 (土)

ドイツ語学習・契機と発展

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語を話す地域はドイツ本国だけでなく、オーストリアとスイスの一部地域の一帯で話されています。

ドイツ語は英語とは同族の言語であると認識させられる点はかなりありますが、実は日本語とも構造的に似ていると改めて感じることも少なくありません。ドイツ語が日本語に近いと思ってしまうところは、それはドイツ語の独特の倒置法が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

しかしドイツ語には英語ではすでにほとんど退化してしまっている形容詞や名詞の格変化というややこしい規則がありますから、最初のうちはちょっと面倒ですよね。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語の漢字・かな的な発想を発見します。ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語をはじめようと決心した人は、中学校で強制的に始める英語とはちがって、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

2018年6月13日 (水)

勤勉の国ドイツ・わが心の春

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Mönchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

2018年6月10日 (日)

独逸・遥かなる郷愁

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。

2018年6月 5日 (火)

ドイツ語・わが心の春 II

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

2018年6月 3日 (日)

独逸国・情熱の旅路

ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。

ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。

2018年5月26日 (土)

ドイツ語攻略・限界突破で加速

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語が話されているのはドイツ連邦共和国だけでなく、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどで公用語となっています。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語は英語との類似点は多数ありますが、実は日本語に似ていると改めて感じることも少なくありません。ドイツ語をはじめようと思うに至るには、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的な動機がありますよね。ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語的な面が存在していることに驚きます。ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとか1FCケルン、シャルケ、ドルトムントなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語が日本語に似ていると気づく点は、それはドイツ語の語順の流動性が影響していると考えられます。

2018年5月17日 (木)

ドイツ文化とドイツ・魅惑の世界

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。

ドイツの旅の想い出としては、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語学習の極意

ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の die Arbeit(仕事)、arbeiten(働く)から外来語として定着したものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語はドイツ本国だけでなく、ハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス等の共通語でもあります。

ドイツ語は英語と比較すると、我々には親しみやすい側面があります。ドイツ語をはじめようと考えている人は、何かに興味を持ち、そのバックグラウンドとなるものがドイツ語だったからかもしれませんね。ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語のような感覚があることに気づきます。しかしドイツ語もごく最近新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの声もありますが、時代の流れに押し寄られた形になってしまうのは、生きた言語としての宿命みたいなものがあるのも受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語が日本語に通じると感じる点は、それはドイツ語の独特の倒置法がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。

2018年5月15日 (火)

楽しめるドイツ語とドイツ文化

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。

ドイツの旅の想い出としては、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

«ドイツ文化・わが心の春