« ドイツ語攻略・瞬発と持続 | トップページ | ドイツ語マスター・攻守の確立 »

2017年7月 6日 (木)

独逸国のきっかけ

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。旧西ドイツの首都ボンは小さな町ですがベートーヴェンの生まれた町としても知られており、地方分権制ドイツの象徴でもあると思います。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。

ドイツの旅で忘れられないのが、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。

« ドイツ語攻略・瞬発と持続 | トップページ | ドイツ語マスター・攻守の確立 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2124109/71058233

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸国のきっかけ:

« ドイツ語攻略・瞬発と持続 | トップページ | ドイツ語マスター・攻守の確立 »