« ドイツ語攻略・簡易さと困難 | トップページ | 面白いドイツ語教材 »

2017年7月27日 (木)

独逸国・桜に似た花

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。

« ドイツ語攻略・簡易さと困難 | トップページ | 面白いドイツ語教材 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2124109/71248734

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸国・桜に似た花:

« ドイツ語攻略・簡易さと困難 | トップページ | 面白いドイツ語教材 »