« 独逸国のきっかけ | トップページ | ドイツ語教材への道 »

2017年7月 8日 (土)

ドイツ語マスター・攻守の確立

ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、名詞に性があることかもしれません。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞の3つに分かれます。フランス語等のラテン語族の2つよりも1つ多いですね。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語の発音で難しいのはMuseum(ムゼウム)など音節の切れ目がいくつか考えられる場合ですが、あとは混乱はほとんどないと言ってよいでしょう。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な面があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語に近いと思い当たる点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語をはじめようと決心した人は、どういうキッカケでそう思うようになったのでしょうか。ドイツ語は、内田篤人や大迫勇也など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目され人気が高まることもあるようです。

ドイツ語は英語にはない、日本語を使う私達にはわかりやすい側面があります。ドイツ語はクラシック音楽ファンにはわりと親近感のある言葉ですし、オペラ作品などもドイツ語のものが多いのですね、モーツァルトが代表的です。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。二重母音に特殊なでも覚えやすい音がありますが問題ありません。ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。ガスボンベはドイツ語ではガス爆弾という意味になるのですが、日本の家庭にはそんな物騒なものはありませんよね。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。

« 独逸国のきっかけ | トップページ | ドイツ語教材への道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2124109/71075921

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語マスター・攻守の確立:

« 独逸国のきっかけ | トップページ | ドイツ語教材への道 »