« ドイツ語攻略・停滞と突破 | トップページ | ドイツ語・未知なる郷愁 »

2017年8月20日 (日)

ドイツ・限界突破

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。

« ドイツ語攻略・停滞と突破 | トップページ | ドイツ語・未知なる郷愁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2124109/71467483

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・限界突破:

« ドイツ語攻略・停滞と突破 | トップページ | ドイツ語・未知なる郷愁 »