« ドイツ・限界突破 | トップページ | ドイツ語攻略・契機と発展 »

2017年8月21日 (月)

ドイツ語・未知なる郷愁

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。

ドイツの旅の想い出としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。

« ドイツ・限界突破 | トップページ | ドイツ語攻略・契機と発展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2124109/71476691

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・未知なる郷愁:

« ドイツ・限界突破 | トップページ | ドイツ語攻略・契機と発展 »